性力を復活させることの重要性

MENU

性力を復活させることの重要性

性力は、男性のエネルギーの源であり、男性として本来備わった性的な力を意味する言葉です。
もちろん、女性にも性力はあり、男性のみのものではありません。
どちらにしても、性力は子どもを作り、子孫を後世に残すうえで重要な働きをするものです。
子孫が繁栄するからこそ、その国家も繁栄するといった仕組みが生まれます。
性力なくして子孫なし、子孫なくして繁栄なし、という諺も噂話程度に聞いたことがあります。
それほど人類にとって重要なものだということです。

 

しかし、現代では少子高齢化が話題になるほか、ダブルインカムノーキッズが一世を風靡したり、結婚しない若者が増え、一生涯を独身で過ごす人々も少なくありません。
しかし、そのライフスタイルの変化は、人間としての生き方・有りようにも関わる重大な問題に発展しつつあるのです。

 

とても素敵な異性に出会い、その人に魅力やセックスアピールを感じ、自分の子孫を残したいと考えることは、人間としてごく普通のありふれた欲求です。
それが現代では、ストレスやさまざまな要因により欲求が低下し、性力自体に大きな変化がもたらされていると考えられます。
性力が失われつつあるということです。
これは、放ってはおくことのできない国家的大問題です。

 

戦時中にまで遡りますが、子どもを沢山産んで育て、国家のお役に立つと言った思想がありました。
この時は、女性よりも男性の方が重宝がられたと聞きますから、戦争を視野に入れてのものかもしれません。
そして、一つの家庭に子どもが7〜8人いる状況も決して珍しくなかったのです。
また、第二次世界大戦で活躍した連合艦隊司令長官の山本五十六は、父親が56歳の時に生まれた子供のため、その父親の年齢をとって五十六と名づけられました。
それほど、昔の男性には性力があふれていたのです。
ちなみに、この時の奥様は20歳以上も年下だったということですから、56歳の女性に性力を求めるのは少し無理があるかもしれません。

 

この力自体は薬やサプリメント等で向上させることは可能です。
しかし、それは本来の意味から逸脱していると思われます。
スポーツや自然な行動を通して本来の力を取り戻すべきです。