強固な組成によって体を支える精力材

強固な状態にするためには、アミノ酸の一種のアルギニンやシトルリンなどの成分が必要になります。
アルギニンを豊富な状態にすると、精力を高める力は徐々に高まり、活性化させた状態で生活を楽しめるようになるわけです。
シトルリンは血流も促進させながら、アルギニンなどの成分と協力して、精力を高める働きをしてくれます。
このような働きを有効にするために、成分の配合には絶妙な加減が施されています。

食べ物から摂取するには

成分を合成する種類があれば、スッポンや人参のエキスを配合する精力材も珍しくありません。
スッポンの場合にはアミノ酸の量が極めて充実するために、エキスとして濃縮して加えることで、精力材としての剛性を高めることができるわけです。
人参のエキスにはジンセノサイドというサポニンが含まれ、滋養強壮や血流促進に導いてくれる性質があります。

精力材の中でも、漢方として使われる種類では、八味地黄丸という方剤もあります。
八味地黄丸には五臓の腎に良いとされる生薬が多く使われているために、東洋医学的な考えによれば、精力を高める働きも優れていることになります。
現代では最先端の技術で作られた精力材が世界中で開発されていますが、八味地黄丸は誕生から2000年ほどの年月が経過した現在でも愛用されています。

精力剤として有用な食べ物

一般の人が日常的な料理で食べる食材には、精力材としても有用な種類があります。
ウナギは日本では特に重要なものですが、お隣の韓国では朝鮮人参をスタミナ料理で使う伝統が受け継がれています。
ニンニクは古代エジプトの時代から愛用されていたものですが、アリシンという成分の働きが血流を良くする性質があるために、精力材としても重宝されています。