精力薬の定義とその使用法

精力薬の定義とその使用法

精力薬とは、男性が異性と性行為を行うにあたり、男性器が勃起不全であるような状態を解消するために使用する医薬品または医薬部外品を指すものです。医薬品とは、誰もが耳にしたことのあるバイアグラなどに代表されるもので、医師の処方により使用することができます。
医薬部外品としては、おもに3種類に分けて考えることができます。一つ目は、ユンケル皇帝液など、コンビニエンスストアでも購入が可能な飲料水タイプのものです。ユンケルに限らず、アリナミンやゼナなど、含有される成分をよく判別できる方なら、自分にあった種類を選ぶことが可能と思われます。
二つ目はサプリメントタイプのものです。これは完全な天然成分タイプと天然成分を加工したタイプに分けることができ、どちらも相応の効果を発揮します。天然成分タイプは、すっぽんやマムシ、さそり、おっとせい、朝鮮ニンジンなどが代表例として有名です。加工したタイプはにんにくエキスを抽出したものや、ビタミンB群・亜鉛などを総合的に含んだサプリなど、多岐にわたっています。
以上の3種類が精力薬として考えられますが、これらに頼る前にじっくりと考えなければならないことがあります。それは、どうして勃起しないのかということです。高齢の方なら年を重ねるに従い徐々に性欲が減退し、勃起も十分でなくなることは仕方ありません。加齢によって血流も十分ではなくなり、血管の衰えも見られます。心肺機能も若いころとは比べものになりません。したがって、これらの薬に頼る前に、今一度、ご自身の生活習慣を見直し、その改善を図る方が自然と考えられます。
暴飲暴食を控え、お酒はたしなむ程度にする。タバコなど1日1箱も吸っているのなら、せめて数本にまで節煙する。健康のためウォーキングやランニングを日課とし、早寝早起きを常とするなど健康維持をベースに考え、その上で薬品の使用を最小限に抑えるのが、本来の姿だと多くの医師は語っています。
現代の人は薬に頼りがち、これはある意味で文明がもたらした、一種の弊害・悪癖と言えるのかもしれません。
精力材は、人体にとっては構造材として働くようなもので、少しでも乱れがあれば役に立たないものです。最初から強固なものを構築しても、常に栄養を補給しなければ枯渇する性質を持っているため、精力材は根気強く使い続ける場合もあります。

比較ページへのリンク画像